不調は異常事態のサイン

人間の身体は、とてもデリケートですね。
暑ければ、夏バテ、熱中症。
寒ければ、冷え性、風邪。
春先には、花粉症。これも、花粉だけが原因ではありません。空気中の小さなホコリだったりしますし、ペットの毛が原因だったりする事もあります。
秋口にも、最近は花粉症があるそうです。
ストレスでも、身体は不調を訴えますし、病院に行っても、なかなか原因が分からないものですから、
「自律神経失調症ですね!」
と、片付けられてしまうものです。
また、食べ物が合わなければ、アレルギーを起こします。
年齢でも、体調は悪くなったりします。
更年期障害です。
人によって違いはありますが、ひどい人は、今まで出来ていた全ての事が、出来なくなってしまうそうです。
立って歩く事もままならなくなり、それが原因でうつになったり、痴呆が始まったりする事もあるのだそうです。
うつは、若い人にもあらわれます。
うつの症状として、体調不良を訴えるのは、よく聞く話です。
身体の不調は、身体の中の異変を教えるサインなのでしょう。
だから、無理をせず、病院に行くなり、自分なりに原因を探すなり、しなければいけないのです。
小さな不調でも、我慢して放っておくと、取り返しのつかない事態に陥る事だってあるのです。